【2021年度版】格安中華プロジェクターおすすめ6選【2万円で買える】

おかちゃん

最近、Amazonや楽天で、安いプロジェクターがいっぱい出てて選ぶのに困ってます

ばくおん

たしかにね
かなり多くの機種があるよね

ここ最近、ホームシアターゲームプロジェクターの画面で楽しまれる方が多くなってきました。
しかし、同じような形、値段、性能等でどれを選べばよいのかわかりません。

ばくおん

似たようなヤツが、いっぱいあるよね

おかちゃん

買いたいけれど、どう選べばよいやら・・・

ということで、性能の良い激安中華プロジェクターを比較してみました。

おすすめランキング 上位3機種

ランキング商品名参考価格評価
第1位YABER Pro V729,998円
(5 / 5.0)
詳細を見る
第2位ONOAYO 120128,999円
(4.5 / 5.0)
詳細を見る
第3位WiMiUS W635,000円
(4.5 / 5.0)
詳細を見る
※クーポンがあればラッキーですよ 2021/11

監修&執筆
この記事をかいているのは、
ホームシアター歴30年以上
書籍ホームシアターファイルに掲載された
ぼく、ばくおんが書いています。

目次(ジャンプできます)

中華プロジェクターのおすすめスペック

おかちゃん

画像が綺麗なフルHDの解像度の商品がほしいです

今や、この価格帯の中華プロジェクターでは、フルHDが当然になりました。

よって解像度に関しては、問題ないのかなと思います。

おかちゃん

じゃあ、色の具合はどうなんですか?

ばくおん

この価格帯で、色にコダワルのは難しいね

色再現性に関しては、この価格帯のプロジェクターでは、難しいと言わざるおえません。

ばくおん

多少の”色再現性”は目をつぶるとして、

おかちゃん

おすすめの格安プロジェクターのスペックを教えてほしいです

ばくおん

じゃあ、私が考えた最強スペックをお教えしましょう

格安中華プロジェクターおすすめスペック
  • 2万円〜3万円の間で買える
  • フルHDはデフォルトです
  • 台形補正が付いてくる
ばくおん

詳しい”ホームシアターの基礎”は下の記事を読んでね

2万円〜3万円の間で買える

価格に関しては、これぞ中華の強みって感じですね。
コレに関してはなんの問題もなくクリアーですね。

おかちゃん

安いは正義ですね

フルHDはデフォルトです

最近の投写用のパネルは、ほとんどが5インチのフルHDパネルのようなので、コレも問題ないでしょう。

おかちゃん

TOPTROのTR80は6インチパネルらしいね

ばくおん

どこのメーカーも”多分”同じ部品を使って、外装だけ違うって感じだと思うけどね

商品説明の”4K対応”という表記には、全く意味はありません。
4K画像が映し出されることはないので、騙されないでください。

ばくおん

最近特に、「4K対応できれいに見える」といったウソレビューが多いのにびっくりです

台形補正がついている

最低限、台形補正が無いと”設置場所”によっては、ちょー不便ですね。

必ず”台形補正”がついている機種を選びましょう。

このクラスの製品についてくる”台形補正”のほとんどが、デジタル処理です。
使うと、”解像度”は落ちます。
特にフォーカス(ピント)がズレます!!

ばくおん

たとえ解像度が落ちても、台形補正は必須と言っていいでしょう

中華プロジェクターを買うときの注意点

おかちゃん

買うときの注意点ってあるの?

ばくおん

やっぱり品質にかなりのばらつきがあるので、そのところかな

中華プロジェクター購入時の注意点
  • 書いてあるスペックは、目安程度である
  • 動作音が大きいのは”ガマンできる”大きさかどうかが目安
  • 取扱説明書は、英語と中国語でも頑張って読む
  • ナニワトモアレ、信頼できるところで買う

書いてある”スペック”は、目安程度である

”明るさ6000lm、コントラスト比7000 : 1”などと商品説明に書いてありますが、

正直、かなりアヤシイです。

EPSONや、BenQ
”明るさ3500lm、コントラスト比10000 : 1”
”解像度1200×800(720P)”
のほうが、解像度(鮮明さ)は負けるけど、明るさや色再現性はかなり上ですね。

しかし、最近の中華プロジェクターたちは、上を見なければ結構満足できます。
過度の期待は禁物ですが・・・。

「買って損をした!!」ということは無いと思います。
(※1万円前後の商品は除きます)

ばくおん

ホームシアター入門として、まずは大画面を楽しみましょう

動作音が大きいのは”ガマン”!?

はっきり言って、格安のプロジェクターは動作音が、

めっちゃ大きいです!!!!

ほとんどの機種で、60デシベルくらいあります。(走行している自動車の車内、デパートの店内くらい)

自分から遠ざけるなどの”消音対策”も少し考えておいてください。
なるべくなら、視聴位置より後ろがベストです。

ばくおん

コレばっかりは、置いてみないとわからないよね

取扱説明書に日本語がなくてもガンバロウ

やはりプロジェクターって日本では、まだまだ”ニッチ”な商品なので、

英語(中国語)だけってことも多々あります。

ばくおん

そんなに難しくないので、がんばろう!!

信頼できるところで買いたい

結局のところ、中華製品でメーカーもよくわからない製品の場合、

購入するところ”が最重要ではないかと思います。
購入者が商品自体をよく理解していても、不良品では困りますよね。

即返品、もしくは即交換できるショップで買うことをおすすめします。

ばくおん

買うなら、簡単返品のできるア〇〇ン

おすすめ記事《2021年》Amazonプライムデーを100倍得する方法と手順

中華プロジェクターの”おすすめ6機種”比較

爆音なくらし バナー02

いろんなデメリット何倍ものメリットがある、魅力的な価格の”中華プロジェクター”たち。

ばくおん

当ブログが、厳選した”6機種”のプロジェクターを比較します

中華プロジェクターの”おすすめ6機種”比較表

スクロールできます
YABER
Pro V7
ONOAYO
1201
WiMiUS W6Artlii
Energon 2-JP
UUO
P6 Pro
TOPTRO
X1
明るさ9500lm9500lm10000lm8500lm7500lm8500lm
コントラスト比12,000 : 110000:112000 : 110,000 : 18500 : 110,000 : 1
台形補正完全自動縦縦±50°完全自動?縦横±15°縦横±50°縦横±40°
投射距離3m : 100inch3m : 100inch3m : 100inch3m : 100inch3m : 100inch3m : 100inch
天吊
重量3.5kg2.82kg2.8kg2.6kg2.7kg2.22kg
発売日2021/4/82021/3/222021/72020/11/182021/1/232021/3/26
参考価格29,998円28,999円35,000円27,999円26,800円27,999円
2021/11調べ

Amazonの場合、クーポンが表示されていたらお得に購入できますよ。

ばくおん

なかなかに”微妙な差”ですね

おすすめ中華プロジェクターその①
YABER Pro V7

もともとカー用品を作っていたメーカーだったと思います。
プロジェクター製品は、他のメーカーにちょっと性能を上乗せした感じ
そのせいで、ちょっと値段が上がります。

改良した新機種をちゃんと出してくるので、一部の方々から絶大な人気を誇ります。
前機種のY31より、大幅にスペックアップした機種です。

最大の特徴は、6D自動台形補正という機能です。
この機能は、ボタンひとつで瞬時に台形補正を自動でやってくれるというものです。
非常に便利ですが、確実に画質が落ちることも確かです。

VANKYO同様、排気ファンの音を大幅に抑えてきました。

ばくおん

YABERは、常に他社よりプラスアルファの機能をつけてきますね

おすすめ中華プロジェクターその②
ONOAYO 1201

Amazonで突然現れた新進気鋭の中国メーカーONOAYO
実際の商品としては数種類のプロジェクター関係だけですが、いきなりAmazon'sChoice がついています。

売れ筋ランキングのホームプロジェクター部門で4位に入る健闘ぶり。

それもそのはずで、性能はこのクラスで必要十分な上にサポートの充実が好感されているようです。
細かな設定方法などを図解や動画で用意してあったりと初心者の方にも配慮した珍しい?中国メーカーです。

おすすめ中華プロジェクターその③
WiMiUS W6

WiMiUS W6》は、色んな所で話題になっているプロジェクターですね。
この製品は2021年に発売された最新機種です。

じつは、この機種を一押しでも良かったんだけどAmazonでのレビュー評価に悪いが少なすぎるのが気になったので3位です。

  • 映像の解像度はかなり上がって綺麗
  • LED光源が強力になった
  • Bluetoothが5.1に対応
  • 4P&4D台形補正が意外と使える
  • 地味だけど、FireStick正式対応
  • ファンの音はうるさいまま
  • 上位機種から見たら暗いLED
  • 音は、しょぼくなったような
  • 出たばっかりなので若干高い
  • 大口径レンズは眉唾です

以前は、インフルエンサーに商品をばらまいてレビュー記事を書いてもらっていたようですが、今はしっかりとした製品を作って売るを頑張っているようです。

現行のWiMiUS W6は、かなりの意欲作のようで、販売にもかなりチカラが入っています。

Amazonの販売ページ内の「カスタマーQ&A」で、しっかりと公式が動画付きで質問に答えています。
(質問自体は、自作自演でしょうが…やる気はあるみたい!?)

WiMiUSが、適当なアクションカメラなども販売しているメーカーから脱皮しているのではと考えられますね。

少し前の主力機種|品質は安定期|今でも十分に使える

おすすめ中華プロジェクターその④
Artlii Energon 2-JP

Artliiは香港拠点の会社のようです。
日本にもプロジェクター専門の代理店を持っています。

コレと言って特徴があるわけではないのですが、スタイルが気に入ったら購入ありです。

  • デザインが独特
  • 日本代理店がある
  • WiFiは2.4Gのみ対応
  • LEDランプではない

日本では知名度が殆どありませんが、海外(特にドイツ)ではそこそこ売れているみたいです。

デザインが気に入ったなら購入ありかと思います。

おすすめ中華プロジェクターその⑤
UUO P6 Pro

2020年に新進気鋭?の新メーカーで出てきたUUO。
プロジェクターを何機種か販売しているみたいです。

UUOのプロジェクターは欧米では、かなり浸透しているようです。
性能的には、他の機種より少しづつ上を目指し差別化されています。

ガラスレンズの採用はかなり意欲的ですね。
エアフィルターが付いているのですが、コレはあまり必要では無いですね。
他社との差別化に熱心であることが、いろいろとわかります。

色も、ブラックとホワイトが選べます。

トラブルにも即対応するレスポンスの良さがあるようです。
結構おすすめになる機種ですね。

この機種自体は、前のP6P6Proとしてマイナーチェンジしたものだと思われます。

ばくおん

ネットに情報があまりないけど、一部で盛り上がってるみたいです

おすすめ中華プロジェクターその⑥
TOPTRO X1

このメーカーのプロジェクターは、相変わらずAmazonの評価が高いです。

全機種でそこそこ人気だったTR80を最新機種にしたのが、TOPTRO X1です。

まとめ : 中華プロジェクターを買うならコレだ!!

おすすめ第1位  YABER Pro V7

ばくおん

この機種はワンランク上の性能で、さらにデザインも良いですね

おすすめ第1位  ONOAYO 1201

ばくおん

コストと性能のバランスが取れた良い製品で、サポートの充実も好感が持てますね

おすすめ第3位  WiMiUS W6

ばくおん

やっとメーカーがプロジェクターに力を入れて来ました

おすすめ番外編 Artlii Energon 2-JP

ばくおん

デザインが気に入れば、この商品も悪くありません

多くの種類がある”中華プロジェクター”ですが、おすすめと呼べる機種は限られてましたね。

ばくおん

上記のランキング商品はどれを買っても、どんぐりの背比べです
劇的な差はないと言えますね

今の中華プロジェクターは、価格が安くて、そこそこに”高性能”になっていますので、

さっさと購入して、

大画面でホームシアターを楽しんじゃいましょう。

Amazonプライムデー(ワンランク上のプロジェクター)

おまけ : プロジェクターのお供たち

プロジェクターを買ったのですから、その性能を引き出してみましょう。

ばくおん

それには、このアイテムたちがおすすめです

スクリーン

ロールスクリーンでイイという方も多いですが、安物でもあったほうがイイです。

なぜなら、スクリーンの役目はプロジェクターから投射された光を反射して見せるためのものであって、
光を吸収することの多いロールスクリーンは真逆の性質であることが多いからです。

しかも、中華プロジェクターは光源が弱いので暗くなる一方です。

新型Amazon Fire TV Stick

”Fire TV Stick”は、2020年9月にリニューアルしました。

新型は、2,000円高い4Kバージョンの中身と一緒です。
が、4K映像は出力されません。

ばくおん

これは必需品でしょう

サウンドバー(サラウンドバー)

※この商品は在庫限りなので、ある内に買ちゃいましょう。ソニーでこの価格は破格です。

ばくおん

プロジェクターから直結でも、結構迫力のあるサラウンドが楽しめます

動画配信サービス(VOD)

U-NEXTと、Amazonプライムビデオの2つがオススメです。

ばくおん

このあたりをそろえると、完璧かも

おかちゃん

これで我が家にも、”ホームシアター”が完成です

ばくおん

これらがそろうと結構長く楽しめると思います

おすすめ動画配信サービス
  1. dTV 月額540円 初回31日間の無料おためし期間あり
  2. Hulu 月額1,026円 初回2週間の無料おためし期間あり
  3. U-NEXT 月額2,189円 初回31日間の無料おためし期間あり
  4. dアニメ 月額440円 初回31日間の無料おためし期間あり

おすすめ記事《2021年版》Amazonで買える格安ホームシアター商品はコレだ!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 中華プロジェクター性能いいのに爆音で台無し
    なんとかならないかと講じた対策でほぼ無音の高級機に変わりました。

    冬場ではありますが一晩じゅう動画流していてもしっかり廃熱されてなにも問題なし
    長期的な寿命にはもしかしたら影響あるかもしれませんが、
    もともと安いものだし、なにより静寂な環境でノンストレスで
    快適に映像やサウンドを楽しめるようになります。

    ほうほうは非常に簡単で電圧調整する電源モジュールをファンのコードにつなげて
    マイナスドライバーで回転数を調整するだけ。
    モジュールは以下で検索すると出ます↓
    【HiLetgo 3個セット LM317 DC-DC ステップ ダウン パワーモジュール 調整可能 ニア レギュレータ 低リップル [並行輸入品]】

    中華プロジェクタはコストカットのためにファンに無調整の電流をそのまま流しています。
    そのため電源投入されるとパワー全開でファンが回り爆音となります。
    計算された必要最小限の風量ではなくマックスで回転しているだけなので回転を下げても問題なし

    枕もとの置いても映画に集中できるくらいの静音化になるのでお試しください。

    • 小音化さん。
      とても貴重なコメントありがとうございます。

      格安な中華製品は大体、手を抜けるところは抜いてますよね。

      電源投入時のファン全開は、日本製の高級機でもありますが
      いかんせん、排熱設計と筐体の大きさゆえ中華プロジェクターは
      不利と言わざる終えませんね。

コメントする

CAPTCHA


目次(ジャンプできます)
閉じる