【2万円台の中華プロジェクター】おすすめ6機種を比較【2020年度版】

 

最近、Amazonや楽天で、安いプロジェクターがいっぱい出てて選ぶのに困ってるッス
Mくん
ばくおん
たしかにね。かなり多くの機種があるよね。

 

ここ最近、ホームシアターやゲームをプロジェクターの画面で楽しまれる方が多くなってきました。

しかし、同じような形、値段、性能等でどれを選べばよいのかわかりません。

 

ばくおん
似たようなヤツが、いっぱいあるよね
買いたいけれど、どう選べばよいやら・・・
Mくん
ばくおん
個人的には、今のイチオシは”UUO P6”ですね

 

ということで、性能の良い激安中華プロジェクターを比較してみました。

 

監修&執筆
この記事をかいているのは、
ホームシアター歴30年以上
書籍ホームシアターファイルに掲載された
ぼく、ばくおんが書いています。

 

中華プロジェクターのおすすめスペック

 

画像が綺麗らしい、フルHDの解像度のヤツがほしいッス
Mくん

今や、この価格帯の中華プロジェクターでは、フルHDが当然になりました。

よって解像度に関しては、問題ないのかなと思います。

じゃあ、色の具合はどうなんっスか
Mくん
ばくおん
この価格帯で、色にコダワルのは難しいね

 

再現性に関しては、この価格帯のプロジェクターでは、難しいと言わざるおえません。

 

ばくおん
多少の”色再現性”は目をつぶるとして、
おすすめの格安プロジェクターのスペックを教えてほしいッス
Mくん
ばくおん
じゃあ、私が考えた最強スペックをお教えしましょう

格安中華プロジェクターおすすめスペック

  • 2万円〜3万円の間で買える
  • フルHDはデフォルトです
  • 台形補正が付いてくる

 

ばくおん
詳しい”ホームシアターの基礎”は下の記事を読んでね

あわせて読んでほしい記事

おすすめ
3万円で始めるホームシアターへの道のり【超低価格編】

続きを見る

 

2万円〜3万円の間で買える

価格に関しては、これぞ中華の強みって感じですね。

コレに関してはなんの問題もなくクリアーですね。

安いは正義ッスね
Mくん
ばくおん
確かに・・・。

 

フルHDはデフォルトです

最近の投写用のパネルは、ほとんどが5インチのフルHDパネルのようなので、コレも問題ないでしょう。

TOPTROのTR80は6インチパネルらしいっス
Mくん
ばくおん
どこのメーカーも”多分”同じ部品を使って、外装だけ違うって感じだと思うけどね
ちょっとずつは、違うっスよ
Mくん

注意

商品説明の4K対応”という表記には、全く意味はありません。

4K画像が映し出されることはないので、騙されないでください。

ばくおん
最近特に、「4K対応できれいに見える」といったウソレビューが多いのにびっくりです

 

台形補正がついている

最低限、台形補正が無いと”設置場所”によっては、ちょー不便ですね。

必ず”台形補正”がついている機種を選びましょう。

 

注意ポイント

このクラスの製品についてくる”台形補正”のほとんどが、デジタル処理です。

使うと、”解像度”は落ちます。特にフォーカス(ピント)がズレます!!

ばくおん
たとえ解像度が落ちても、台形補正は必須と言っていいでしょう

 

中華プロジェクターを買うときの注意点

買うときの注意点ってあるっスか?
Mくん
ばくおん
やっぱり、品質にかなりのばらつきがあるので、そのところかな

中華プロジェクター購入時の注意点

  • 書いてある”スペック”は、目安程度である
  • 動作音が大きいのは”ガマンできる”大きさかどうかが目安
  • 取扱説明書は、英語と中国語でも頑張って読む
  • ナニワトモアレ、信頼できるところで買う

書いてある”スペック”は、目安程度である

”明るさ6000lm、コントラスト比7000 : 1”などと商品説明に書いてありますが、

 

正直、かなりアヤシイです。

 

EPSONや、BenQの”明るさ3500lm、コントラスト比10000 : 1”で、”解像度1200×800(720P)”のほうが、

鮮明さはけるけど、明るさや色再現性はかなりですね。

 

しかし、最近の中華プロジェクターたちは、(過度の期待は禁物ですが)上を見なければ、結構満足できます。

「買って損をした!!」ということは無いと思います。(1万円前後の商品は除く)

 

ばくおん
ホームシアター入門として、まずは大画面を楽しみましょう

 

動作音が大きいのは”ガマン”!?

 

はっきり言って、格安のプロジェクターは動作音が、

めっちゃ大きいです。

ほとんどの機種で、60デシベルくらいあります。(走行している自動車の車内、デパートの店内くらい)

自分から遠ざけるなどの”消音対策”も少し考えておいてください。

ばくおん
コレばっかりは、置いてみないとわからないよね

 

取扱説明書に日本語がなくてもガンバロウ

やはりプロジェクターって日本では、まだまだ”ニッチ”な商品なので、

英語(中国語)だけってことも多々あります。

ばくおん
そんなに難しくないので、ガンバ!!

 

信頼できるところで買いたい

結局のところ、中華製品でメーカーもよくわからない製品の場合、

”購入するところ”が最重要ではないかと思います。

購入者が商品自体をよく理解していても、不良品では困りますよね。

即返品、もしくは即交換できるショップで買いたいですね。

ばくおん
買うなら、ア・・ン?

 

おすすめ記事《ホームシアター診断ナビ》選ぶだけであなたにピッタリを提案

 

中華プロジェクターの”おすすめ6機種”比較

いろんなデメリット何倍ものメリットがある、魅力的な価格の”中華プロジェクター”たち。

ばくおん
当ブログが、厳選した”6機種”のプロジェクターを比較します

中華プロジェクターの”おすすめ6機種”比較表

  VANKYO V630 YABER Y31 VIVIMAGE EX3
(WiMiUS S1)
APEMAN LC650 UUO P6 TOPTRO TR80
明るさ 6800lm 6600im 6500im 6600lm 6000lm 6600lm
コントラスト比 5000 : 1 7000 : 1 7000 : 1 5000 : 1 7500 : 1 8000 : 1
台形補正 縦横±45° 縦横±45° 縦縦±50° 縦±25° 縦横±50° 縦横±40°
投射距離 3m : 90inch 3m : 100inch 3m : 100inch 3m : 100inch 3m : 100inch 3m : 100inch
天吊
重量 2.7kg 3.68kg 2.9kg 2.54kg 2.7kg 3.08kg
発売日 2019/12/8 2019/9/18 2020/2/14 2020/3/10 2019/11/27 2019/9/2
参考価格 22,000円 28,000円 25,000円 20,000円 26,000円 30,000円

横にスクロールします→

なかなかに”微妙な差”ですね
Mくん

 

おすすめ中華プロジェクターその1VANKYO V630

Amazonで人気のメーカー。売れ筋ランキングのプロジェクター部門で”堂々の3位”に入るほどの人気商品。

自社のホームページがあるところも信頼度アップ。新機種ごとにブラッシュアップ&改良されているところもオススメです。

Amazonの商品紹介ページに改良・改善点がどんどん追記されているところに好感が持てます。

 

Twitterの投稿から

 

ばくおん
悪い情報を見かけませんでした

 

おすすめ中華プロジェクターその2YABER Y31

もともとカー用品を作っていたメーカーだったと思います。

プロジェクター製品は、他のメーカーにちょっと性能を上乗せした感じ。そのせいで、ちょっと値段が上がります。

改良した新機種をちゃんと出してくるので、一部の方々から絶大な人気を誇ります。

前機種のY30より、スタイルと価格と若干のスペックアップが魅力の機種です。スペック重視な方向けかな。

この価格の割にはピントがシャープな感じがします。

排気ファンの音は若干大きめです。この価格帯では仕方ないでしょう。

Twitterの投稿から

ばくおん
YABERに関しての情報は、ネット上ではあまり出てきません

 

おすすめ中華プロジェクターその3VIVIMAGE EX3 (WiMiUS S1)

《VIVIMAGE EX3》は、色んな所で話題になっているプロジェクターです。この製品は2020年に発売された新製品です。製品自体はかなりよくできています。

良いところ

  • デザインがカッコイイ
  • スピーカーの音が実用レベルである(サラウンド感はない)
  • 映像はこの価格帯で人気商品と同じくきれい

悪いところ

  • 7層レンズらしいが安物の典型で、真ん中明るく、周りが暗い。(特に上下)
  • 大きく投写しないとピントが合いません
  • VivImage,Incという会社。実態がありません。公式HPはとっくに無くなっています。現在の会社は元の経営者ともめてるようです。

良くも悪くも《ザ・中華プロジェクター》です。割り切って使う分には問題ありません。

インフルエンサーに商品をばらまいてレビュー記事を書いてもらってるようです。常に悪口を書いてしまう私には話が来ませんが・・・。(※実はVIVIMAGEの販売はVankyoだったりします)

デザインが気に入ったなら購入ありかと思います。

ですが、実はこの商品は、《WiMiUS S1》と同じではないかと思います。WiMiUSはアクションカメラなども販売しているメーカーです。なんとなくですが、WiMiUSのほうが購入にふさわしいのかなと思います。Amazon's Choiceもついてますし、製品も悪くないので。

 

おすすめ中華プロジェクターその4APEMAN LC650

《APEMAN LC650》は、ドライブレコーダーを作っている会社がつくったプロジェクターです。この製品は2020年に発売された新製品です。なんとこの会社、AUKEYのグループ企業らしいです。

良いところ

  • デザインがシンプルでカッコよく、同一性能の他社製品より一回りコンパクト
  • 自社ホームページが一応ある(Facebookも)
  • Amazon's Choiceがついているので、ひとまずは安心かも

悪いところ

  • アクションカメラのメーカーなのでプロジェクターはまだ素人?
  • 筐体がコンパクトということは熱に注意です(バカになりませんよ)

日本では情報が殆どありませんが、海外ではそこそこ売れているみたいです

デザインが気に入ったなら購入ありかと思います。

 

おすすめ中華プロジェクターその5UUO P6

新進気鋭?の新しいメーカーだと思います。プロジェクターを何機種か販売しているみたいです。

UUOのプロジェクターは欧米では、かなり浸透しているようです。

性能的には、他の機種より少しづつ上を目指し差別化されています。

ガラスレンズの採用はかなり意欲的ですね。

エアフィルターが付いているのですが、コレはあまり必要では無いですね。

他社との差別化に熱心であることが、いろいろとわかります。

色も、ブラックとホワイトが選べます。

トラブルにも即対応するレスポンスの良さがあるようです。

結構おすすめになる機種ですね。

Twitterの投稿から

ばくおん
ネットに情報があまりないけど、一部で盛り上がってるみたいです

 

おすすめ中華プロジェクターその6TOPTRO TR80

このメーカーのプロジェクターは、結構色んな所で販売されています。

ですが、Amazon等の評価欄の5つ星は非常にアヤシイですね。

低評価では、みなさん”暗すぎる”と書いておられます。

ばくおん
私も、そのとおりだと思います

基本性能は高そうなのですが・・・。

要注意なのは、HDMI端子の差込口の形状が特殊なので、”Fire Stick TV”を直接接続できません。

 

Twitterの投稿から

スペイン人の”ZAYAS”さんは、この機種を買って”ドット欠けがあるので交換の交渉をしている”とツイートしています。

 

まとめ : 中華プロジェクターを買うならコレだ!!

おすすめ第1位 VANKYO V630

ばくおん
コストと性能のバランスが取れた良い製品だと思います

 

おすすめ第2位 UUO P6

ばくおん
この機種はワンランク上の性能で、さらにデザインも良いですね

 

おすすめ第3位 YABER Y31

ばくおん
数千円アップで、ワンランク上の性能を手に入れることができます

 

おすすめ番外編 WiMiUS S1

ばくおん
デザインが気に入ればこの商品も悪くありません

 

多くの種類がある”中華プロジェクター”ですが、おすすめと呼べる機種は限られてましたね。

ばくおん
上記のランキング商品はどれを買っても、どんぐりの背比べです
劇的な差はないと言えますね

今の中華プロジェクターは、価格が安くて、そこそこに”高性能”になっていますので、

さっさと購入して、

大画面でホームシアターをしんじゃいましょう。

 

ポイント

なぜ、VANKYO V630より、UUO P6とYABER Y31の方が価格が高いのか?

それは、基本性能も少し高いけれども一番大きな違いは、

レンズ横にある”台形補正用のダイヤルの有無だと思います。

けっこう便利ですが、一度設置したら動かさないならあまりいらないかも。

でも、この価格帯の製品は”ピントがズレやすい”のであったほうが便利ですね。

 

おすすめ記事【2020年版コレでOK】動画配信サービス(VOD)6選!!【おすすめ比較】

 

おまけ : プロジェクターのお供たち

 

 

プロジェクターを買ったのですから、その性能を引き出してみましょう。

それには、このアイテムたちが”おすすめ”です。

 

スクリーン

ロールスクリーンでイイという方も多いですが、安物でもあったほうがイイです。

折りたたみ式 ホームシアター スクリーン /16:9 しわなし (100インチ)

 

Amazon Fire TV Stick 4K

”Fire TV Stick 4K”は、4K版のほうがキビキビと動きます。

ばくおん
これは必需品でしょう
人気のFire TV Stick(第2世代)より80%以上もパワフル

 

サウンドバー(サラウンドバー)

ばくおん
プロジェクターから直結でも、結構迫力のあるサラウンドが楽しめます

 

おすすめ記事【1万円で安い】サウンドバーおすすめ5選【2020年度比較】

 

Bluetooth サウンドバー 2.1ch対応 サブウーファー BassUpテクノロジー リモコン付属 光デジタル・同軸デジタル入力

 

動画配信サービス(VOD)

 

U-NEXTと、Amazonプライムビデオの2つがチョーオススメです。

U-NEXT公式HPへ  https://video.unext.jp

Amazonプライムビデオ 公式HPへ https://www.amazon.co.jp

 

ばくおん
このあたりを揃えると、完璧かも
コレで我が家にも、”ホームシアター”が完成です
Mくん
ばくおん
このシステムなら結構長く使えると思います

 

あわせて読んでほしい記事

おすすめ
【動画配信サイト解説】U-NEXTって、おすすめサービスなの?

続きを見る

 

-ホームシアター
-, , ,

© 2020 爆音なくらし