【iPhone 小ネタ】スマホで写真を素早くキレイに撮る!

多くの人混みの観光地で写真を撮るのって、めっちゃ難しいよね
早くしないとって思うと、モタツイてしまうし…
ばくおん
そんなのは、iPhoneならワンタップで問題解決
ほんとに〜
めっちゃ教えて〜
ばくおん
ちょー簡単なんで、みんなも使おう!!



iPhoneのカメラは超高性能なのだ

 

今やほとんどの方は、iPhone、またはその他のスマホで写真を撮ることが多いと思います。

コンパクトカメラや一眼レフカメラなんてのを使っているのは、一部のマニアさんか、高齢の方ぐらいでしょうか。

スマホのカメラを大きな液晶で見ながら「パチリ」はもう日常の一つですね。

だからこそ、スマホで簡単にキレイに素早く撮りたい
ばくおん
うんうん
でも、難しいのは無しね
ばくおん
大丈夫。たったのワンタップだよ

 

3ステップで、きれいな写真

ワンタップでOKじゃないの?
ばくおん
タップの回数は一回だよ
じゃあ、モデルは「おかんになったバリーさん」で

step
1
構図を決める

この段階では、主役の「おかんバリーさん」が暗い「逆光」なので、主役を明るく撮りたい

 

step
2
写したいものを決めて画面を「タップ」

主役を明るく撮りたいので、逆の「暗いところ」を「タップ」

すると、iPhoneのカメラがタップしたところを明るくしようとします。

 

step
3
いい感じに見えたらシャッターを「パチリ」

 

いい感じの写真が撮れました 
 
ばくおん
撮れた写真がぜんぜん違うよ
 
Before

 

After

後ろの布団がわちゃくちゃやん
ばくおん
えっ!そこ!?

この方法は、知っている人から見れば「何をいまさら」って感じでしょう。

でも、僕の周りの人(特に女性の方)は、意外と知らない方が多いみたいです。

タップする場所で、光の加減が変わるのを知らなかったわ
ばくおん
みんな、ピント合わせのためだけに「タップ」すると思ってたみたいだね
ばくおん
今のスマホでピンぼけの写真を撮るのは、逆に難しいね

 

タップで変わる写真ギャラリー

ワンタップする場所で、同じ所で撮った写真がこんなにも変わります。

色々と試してみてください。



 

まとめ

ばくおん
たったのワンタップでこんなにキレイに思った写真が撮れるのだ
コレで、観光地でももたもたせずにキレイに撮れるね
逆光で真っ暗な写真とはさよならね

スマホで素早くキレイにワンタップで写真を撮る手順

  • 構図を決める
  • 主役(撮りたいもの)の明るさがいい感じになるようにタップする
  • 明るさ、色味がいい感じになったらシャッターを押す

たったこれだけの手順で、見違えるような写真になるでしょう。

 

-くらし, ガジェット, 旅行
-,

© 2020 爆音なくらし