【電気ケトル タイガー PCL-A120レビュー】湯を沸かすだけの簡単なお仕事だけど安全優先です

今回は、この前の楽天お買い物マラソンで買った、電気ケトルの「タイガー PCL-A120」を紹介します。

毎日使うものなので、シンプルで安全で壊れないものをという観点で選んでいます。

 

ばくおん
我が家の電気ケトルは、代々タイガー製品なのだ

 

 

電気ケトル タイガー PCL-A120の概要

 

箱から出たばかりのPCL-A120です。

今回はマットホワイトを買ってみました。

 

 

蓋を開けたところ。

箱のタイガーのマークが可愛いです。

 

 

大きな口で徳利みたいです。

容量は1.2リットルで、電気ケトルとしては大きい方です。

だいたい普通は、0.8〜1リットルのものが主流ですね。

お湯の量が1.2リットルぐらい無いと、

カップ麺の「エースコックのスーパーカップMAX濃コクとんこつ」に、お湯500mlと「ペヤング ソースやきそば」に、お湯480mlと、熱いお茶を同時に入れるのは、厳しいっすね。

ばくおん
お昼ご飯は、二人同時じゃないとね

色は他にもカラーバリエーションで、ストレートブルーがあります。

 

タイガーの電気ケトルを新旧で比べてみた

外観

左:新型PCL-A120     右:PCI-A120(2013年9月1日発売)

 

大きさはそんなに変わっていませんが、新型はコンパクトに見えます

やっぱり新型のほうがエレガントでカッコいい

旧型の方はなんか野暮ったいね。

だけど、安定性は見た目通りに、旧型の方が安定しています。

新型は若干ふらつく感じがあるのが残念。

 

 

ロック解除の感じは、新型のほうが若干見やすいかな。

注ぎ口が新型のほうが、細くお湯が出る感じで安全設計。

 

1.2リットルのお湯が沸くまでの所要時間

 

旧型:5分23秒28でカタログより早い。

まだまだイケる。

 

あれ?新型:5分56秒97。

でもカタログスペック通り。

しかし、30秒ほど遅いね。

ばくおん
別に普段使うには問題ないね

 



 

何故、ティファール T-falではなくタイガーなのか?

 

電気ケトルが日本で普及し始めた2000年頃は、我が家でもティファール T-falでした。

しかし、いろいろな理由からタイガー製品に変えました。

各社の代表機種

  タイガー(PCL-A120) ティファール(ジャスティン プラス 1.2L) 象印(CK-AX10)
最大容量 1.2リットル 1.2リットル 1リットル
転倒お湯もれ防止構造 ×
蓋が取れる構造 ×
保温機能付きモデル ×
価格 4,300円前後 3,100円前後 8,800円前後

 

ティファールって、蓋が取れないんですよね。

水を入れるときも入れにくいし、洗うのもやりにくいしね。

転倒お湯もれ防止構造はイザのときには、あってよかったて思うのかな。

あと、保温機能が付くと「電気ポット」になって、本末転倒な気がする。

ばくおん
いらない機能のような気がする・・・

 

まとめ : 結局、タイガーがオススメです

電気ケトル「タイガー PCL-A120」は、こんな方におすすめ

  • 一回で、大きなカップ麺とお茶のお湯を確保したい
  • 2人で一度にお湯を使いたい
  • 日本製の”安全第一”が素敵
  • それなりに、おしゃれなデザインじゃなきゃヤダ
  • 価格は安いほうがイイ
ばくおん
無難におすすめできる製品ですね

 

やっぱり、安心の日本製遺品ですね

 

 

あわせて読んでほしい記事

おすすめ
【象印 IH炊飯ジャー STAN.(NW-SA10)レビュー】おしゃれなのにお手頃価格な炊飯ジャーに買い替えました

続きを見る

 

-家電, 買物
-, , ,

© 2020 爆音なくらし