\ 最大10%ポイント追加! /

TCLのテレビを買ってみて口コミや評判通りかレビューします

TCL 55P615
ばくおん

リビングのテレビが壊れたので、早急に買い換えました

我が家のリビングテレビは、2010年製パナソニックのプラズマテレビ 50V2でした。

それを、少し大きい55インチのTCLの55P615に買い替えました。

TCL(ティーシーエル)
¥69,800 (2022/06/29 08:50時点 | Amazon調べ)

ー TCL テレビ P615シリーズの特長 ー

メリット
デメリット
  • 世界第2位のテレビメーカー
  • 大手家電量販店で販売されている
  • 価格破壊的な爆安
  • 豊富なアプリで何でもできる
  • リビングに置いてもカッコイイ
  • 中国メーカーである
  • 起動が遅い
  • VAパネルなので視野角が狭い
  • リモコンがデカすぎ
  • 耐久性は未知数

Amazon限定のP618シリーズと一般販売用のP615シリーズは兄弟機です。
違いは、RGB 3D-LUT対応と脚&ロゴのメッキくらいです。
※RGB 3D-LUTの効果は未知数です。一般人にはわからないのでは?

目次(ジャンプできます)

TCL テレビ P615シリーズ|購入動機

リビングのテレビって、無くなると意外と不便ですよね。

なので、突然の買い替えのときの参考になればと思います。

TCLのテレビを選んだ理由

なぜ、TCLなどという聞いたこともないような、アヤシさ満載の中国メーカーのテレビを買ったんでしょうか。

じつは、このTCLというメーカー。
日本では全く知名度がないのですが、世界ではテレビ販売台数2位の大手企業なのです。

また、パナソニックのテレビの一部は、TCLの委託商品なのです。

ばくおん

品質には問題ないでしょう
たぶん…

嫁たん

我が家のリビングテレビは90%が、78歳のおばあちゃんが観てます

5つの条件

短い時間ですが、購入機種をまる一日検討しました。

その時、条件にしたのが以下の表のとおりです。

購入条件
  1. 4Kであること
    • 今更、フルHDでは物足りないでしょう
  2. 55インチ以上であること
    • 前機が50インチだったので、その入れ替え
  3. 大手販売店から購入できること
    • やっぱり、大型家電なので設置と故障機の引取が必要ですから
  4. 即、納品されること
    • おばあちゃんは、テレビが生きがいなので
  5. もちろん、低価格で高品質であること
    • 安いは正義ですよ

リビングでの普段遣い用のテレビなので、コレくらいが必要十分な条件でしょう。

不要だと思った機能

TCL P615 いらない

最近のテレビは、やたらとよくわからない機能が書いてあります。

もちろん効果があるものもありますが、低価格だと効果がわからないものも多いのです。

正直、それらは排除して考えると良いでしょう。

ばくおん

うり文句に騙されないでね

(我が家では)不要な機能
  • ドルビー系立体音響システム
  • Dolby VisionやHDR10などの高画質システム

TCL P615シリーズには、ドルビーアトモスという立体音響システムが搭載されています。

我が家は、本物のドルビーアトモスをシアタールームに導入しております。
なのでこの価格のテレビで再現できないことは、十分に理解できております。

TCL P615シリーズには、Dolby VisionやHDR10、HLGという高画質システムが搭載されています。
こちらも、この価格の液晶パネルでは再現できないでしょう。

ばくおん

ハッキリ言って、このあたりの機能は気にしなくていいと思います

ねこたん

気休め?

TCL テレビ P615シリーズ|設置

TCL P615

さすが世界第2位のテレビメーカーのTCL製品。

本体が、55インチの割には11,3kgとかなり軽量で設置もスイスイ。

本体の初期設定も、販売店のお兄ちゃんが、ものの1分ほどで終わらせていました。

嫁たん

引取・設置時間は、10分ほどでした

55インチクラスは大きいので、業者さんに設置してもらうほうが良いでしょう。
引き取りがある場合は、同時にやってもらうと便利ですよ。

TCL P615

フレーム周り全体に、保護用のテープがベッタリと。

なかなか、はがすのに苦戦しましたよ。

このあたりは、業者さんもやってくれませんでした。

古いテレビはリサイクル料金がかかりますのでご注意を。

TCL テレビ P615シリーズ|実機レビュー

では、実際に使ってみての感想を書いてみたいと思います。

ばくおん

では、いつもの辛辣なレビューを

判定基準:ソニー ブラビア XRJ-55X90Jとして判断しました

外観

tcl P615

薄型テレビの基本形です。

ベゼルもかなり薄く作られているので、10年前の50インチと同じ場所に55インチが置けます。

少し前までは、メッキ部品が使われたりして変に下品でしたが、シンプルイズベストで好感が持てます。

写真は55インチモデルです。

tcl p615 ロゴ

TCLのロゴが付いていますが、気になりません。

tcl P615横

幅も最近の極薄テレビまで薄くはありませんが、実用上は問題なしです。

むしろ、これくらいしっかりしている方が安心ですね。

排熱用のスロットが上向きなので、ホコリ対策だけはしたほうが良さそうです。

ちなみに、排熱用のファンは付いていません。

接続端子

tcl P615 接続端子

接続端子は、必要十分な端子が揃っているので問題ありませんね。

HDMIの一つは、eARCに対応しています。
※eARC:サウンドバーなどをHDMIでつなぐと連動して作動します。

写真のダンボール箱は、ホコリ対策としてケーブル類をまとめて入れてあります。

画質

tcl P615 画質1

画質は、デフォルトの設定だと少し白っぽい方向です。
かなり明るめな感じでしょうか。

視野角が狭いのですが、真正面から見ると大満足です。

tcl P615 画質2

大きく横にずれた位置から見ると、白っぽさが強調されます。

横から見るのでなければ、4K画質の高精細さと色彩の鮮やかさは十分に味わえるでしょう。

色の濃厚さはあまりなく、さっぱりとした色調

設定調整しても、このあたりはあまり変わりません。

結局、デフォルト設定に行き着きますね。

音質

音質は、聞き取りやすい音でとても好評です。

78歳の老人が聞き取りやすいという感想ですので、人の声にポイントされている感じがします。

ドルビーアトモスなどの設定もありますが、地上波テレビだと関係ないですね。

イコライジングも選べますが、デフォルトが1番聞きやすいかも。

あ、低音は予想通り、スッカスカです。
映画は、サウンドバーなどを追加しましょう。

リモコン

tcl P615リモコン

めちゃくちゃ長いです。
これでもかってくらい長いです。

高齢者さんは違うところを押して、意図しない画面が出てしまって悩むかもしれませんね。

矢印キーの上に、同じような並びのボタンがあって間違えやすいです。

tcl P615 メニューボタン

本体が長いのでいろんな機能がついていて便利なのですが、不要なものもついています。

例えば、設定が2つあったりします。

サブメニュー(機能)メニューボタンでは、開く項目が少し違います。

でも、実際には同じところにたどり着きます。

ややこしや。

ばくおん

リモコンの反応エリアは狭いです

OS

tcl P615 ホームボタン

Android OSなので、初期設定が本当にシンプルで使いやすいです。

しかし、画質や音質の設定が2箇所に別れているのは面倒くさいですね。

また、ホーム画面をカスタマイズできるようになったので、使い勝手は良くなりました。

ばくおん

必要最小限の設定項目しかありませんが

インターネットにつなぐことを前提にしているので、Wi-Fi電波が弱いとテレビ画面に警告テロップが出ます。

録画機能

USB3.0外付けハードディスクをつなぐと使えるようになります。

番組表は有名メーカーと比べると、ショボさを感じますが実用には耐えます。

録画関係のレスポンスは良いのですが、再生機能が最小限なので使い勝手はイマイチですね。

録画番組を視聴する分には十分ですが。

ばくおん

録画は1つだけですが、裏番組の視聴はできます

アプリ

TCL P615 google

TCL P615シリーズはAndroidスマートテレビなので、多くのアプリが使えます。

アプリは高級機種と同じものがサクサク動くので、低価格なP615シリーズはコスパ最高です。

リモコンのGoogleボタンを押せば、音声で操作ができるGoogleアシスタントが起動します。

ねこたん

音声操作って、意外と使いみちはあるのかも

TCL P615 youtube

Youtubeアプリも、4K画像をしっかりと映し出してくれます。

Wi-Fiか有線LANでのネット環境が快適ならばサクサク動作します。

ねこたん

Youtubeの4Kはめちゃキレイにゃ

TCL(ティーシーエル)
¥69,800 (2022/06/29 08:50時点 | Amazon調べ)

TCL テレビ P615シリーズ|注意点

TCL P615シリーズはAndroid OSベースのテレビなので、従来のテレビに馴染んだ我々には少し違和感があったりします。

ばくおん

大きなテレビの映るスマホって感じかな

電源のオン・オフがちょっと面倒

tcl P615 電源オフ

Android スマートテレビであるTCL P615シリーズ。

電源のオン・オフがパソコン風なので、従来のテレビと違ってボタン一発で済みません。

電源時間
オンの時起動画面から十数秒かかります
システムのアップデートが突然始まることがある
オフの時オフしますか?と聞かれる
よくわからずスリープになることがある

eARC機器の接続

TCL P615 ARC

地上波番組の視聴は、本体内臓のスピーカーで十分に事足ります。

しかし、せっかくの4KテレビなのでAmazon プライムビデオなどの4K作品をみたいですよね。

そうなると、音に不満が出ると思います。

そんなときは、eARC対応のサウンドバーを導入するとテレビと電源・音量が連動して便利です。

ヤマハ(YAMAHA)
¥21,000 (2022/06/27 09:40時点 | Amazon調べ)
eARC機器接続の注意点

TCL P615シリーズはeARC対応なので、古い規格のARCだとうまく作動しない場合があります。

また、HDMIケーブルも2.1対応のものを使いましょう。

Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥679 (2022/07/01 12:29時点 | Amazon調べ)

TCL P615シリーズ|ライバル比較

参考までに、比較検討したライバル機を紹介します。

機能はあまり変わりませんが、画質は価格順に上がっていきます。

スクロールできます

LG
NANO75JPA

ハイセンス
A6Gシリーズ

TCL
P615シリーズ
メーカー国韓国中国中国
パネル方式IPSADSVA
OSwebOSVIDAAAndroid
倍速表示60Hz60Hz60Hz
Wi-Fi2.4&5G2.4&5G2.4&5G
同時録画1番組1番組1番組
発売日2021/5/262021/4/92021/10/22
参考価格79,800円76,300円69,800円
Amazon評価
Amazon Amazon Amazon
楽天 楽天 楽天
2022/7

TCL P615シリーズ|おすすめの人

tcl P615 こんな人に おすすめ

TCL P615シリーズは一部ユーザーでは知られ始めましたが、まだまだ日本での知名度は低いですね。

ただ、テレビという成熟した製品は、中国メーカー強しなので購入候補に検討してはいかがでしょうか。

ばくおん

中国メーカーは、不良品だとあっさり無償交換なんてこともあるみたいですよ

こんなひとにおすすめ
  • 中国メーカーに抵抗はない
  • コスパは重要だ
  • テレビは必要最小限でイイ
  • 取り敢えず4K映像を観てみたい
  • Youtubeを大画面で楽しみたい
おすすめにゃ
TCL(ティーシーエル)
¥69,800 (2022/06/29 08:50時点 | Amazon調べ)
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥679 (2022/07/01 12:29時点 | Amazon調べ)
TCL 55P615

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(ジャンプできます)
閉じる