【おすすめ】階段の常夜灯は切れやすいのでLED電球に交換で節約【コレはやっておこう】

ばくおんのおうちは、建ててからもうすぐ20になります。

今のところ目立って問題はないのですが、設備の一部にガタが出始めています。

そんな中で、以外に結構な頻度で交換が必要なのが、階段の常夜灯の豆電球です。

登るところと降りるところの足元に、2箇所ついている豆電球ですね。

センサーで暗くなると勝手に点灯します。

 

ばくおん
毎年ぐらい換えてたような気がします

 

コレ、知らぬ間にこっそりと消えていて、切れているのが分かりづらい。

 

たまに夜中にトイレに行く時に

ばくおん
あれ?なんか暗い?

初めて気がつきます。

特に2階の下り口なんかは無いとアブナイ

 

しかし、面倒な作業は極力避けたい

 

ばくおん
じゃあ、寿命の長い電球にすればいいじゃん

 

そうです。

そのとおりなんです。

だったら選択肢は今のところ一つしかありません。

 

LED電球ですね。

 

ばくおん
でも、豆電球のLED型ってあるのかなあ?

 

調べたらありましたよ。当然ですね。

 

LED豆電球はお得なのか?

常夜灯なので、つけっぱなしが当然の機器です。

節電のしようがないので、できるだけ省エネにする必要があります。

 

上の写真の左が「LED豆電球」、右がおなじみの「ナツメ球」です。

 

どんなメーカーのものでも、だいたいLED豆電球のほうが大きいと思います。

 

  LED豆電球 ナツメ球
寿命(自称) 40000時間 2500時間
消費電力 0.5W 5W
価格 200円〜400円 50円から100円
1日の電気代 0.1円ほど 1円ほど
交換サイクル 16年ごと 毎年

 

ばくおん
もうダントツで、「LED豆電球」がお得ですね

 

価格分は1年で元が取れてしまいます。

 

ポイント

寿命が16年っていうのは多分無理だと思います。

電球の寿命は持っても、中のICチップなんかが先に寿命が来ると思います。

 

それでも半分の8年持てば十分ですね。

 

100均でも売ってますが、経験上、寿命が1年も持たないものや、極端に暗いものがあるので個人的にはおすすめできないかと。

 

ばくおん
では、さっそくお得な「LED豆電球」に交換しましょう

 



階段にある常夜灯の電球交換方法

まず、本体にネジが見当たらなければ、カバーを引き抜いてください。

コツは、「下を外してから上を外す」

下から持ち上げるような力の入れ方で」取り外してください。

 

ばくおん
そんなに力はいらないと思います

 

 

硬いかなと感じたら、上記写真のようなくぼみ(があることが多いと思います)に、

マイナスドライバーを突っ込んで、「えいっ!」で開けちゃいましょう。

 

 

すると、中の様子が確認できます。

 

 

写真はすでに「LED豆電球」に交換してあります。

 

電球を換えましたら、カバーを元通りにしてください。

センサーで、暗くなると点灯するタイプがほとんどだと思いますので、

センサー部分を手で押さえて点灯するか確認します。

 

 

これを上下2箇所やっちゃってください。

 

おすすめ
【象印 IH炊飯ジャー STAN.(NW-SA10)レビュー】おしゃれなのにお手頃価格な炊飯ジャーに買い替えました

続きを見る

 

その他の意外な交換できる場所

 

ばくおん
我が家では、仏壇のろうそくを電灯型にしています

 

実はその電球も「LED豆電球」に交換できるのです。

 

 

仏壇のろうそく型の電灯+LED豆電球は最高の組み合わせですよ

 

ばくおん
コレでお年寄りの方にも安心していただけるかと

 

この電灯にはスイッチがなかったので、スイッチ付きのタップも併用がおすすめです。

 

 

 

 

まとめ

住宅も20年くらいになると、最新の省エネ機器に換えることで節約になります。


意外なところに電球があります。

家の中で思いの外、いろんな場所で使われています。

 

交換できるところは、やっちゃいたいね


節約の金額は少ないですが・・・。

ばくおん
ちりも積もればでいきましょう

 

おすすめ
【幅広甲高で選ぶ】おすすめメンズスニーカー5選【5000円で買える】

続きを見る

 



-お金, くらし, 家電
-,

© 2020 爆音なくらし